« 木天庵日誌'18 長月の頃 | トップページ | 木天庵日誌'18 霜月から師走の頃 »

2018年11月22日 (木)

木天庵日誌'18 神無月から霜月の頃

Pb2168280002
'18.11.21雪が降った

寒くなったと思ったら昨日21日雪が降った。
今年は遅い初雪とのこと。
冬篭りの準備もまだ中途、薪割りもまだ終わっていない。
十一月霜月は、神帰月ともいうそう。
これは先月各地から出雲大社に出向いた神々が自分の神社に
帰るからだという。
霜月は霜が降るからで、立冬が11月7日、小雪が11月22日、
ほぼ暦通り昨日小雪が降った。
寒い、寒い。
右下に「写真館'18」の入り口があるのでご覧になってください。

« 木天庵日誌'18 長月の頃 | トップページ | 木天庵日誌'18 霜月から師走の頃 »

  • P11470230018
  • Dsc_14950001
  • Pb2168280002

写真館'18霜月から師走の頃

  • 20,雪の段々
    雪に埋もれた季節がやってきた。 今年もまた楽しくこの季節を過ごせるだろうか。

写真館'18文月の頃

  • 20. 尚正くん
    '18.7月に撮った写真を掲載

写真館'18水無月の頃

  • 6月27日 登り藤
    ’18六月に撮った写真を掲載

写真館'18皐月の頃

  • 20.ブナ林
    木天庵には先人が植え育てた桜が毎年咲く。 その数30本余り、今年も美しく咲いた。

写真館’18如月の頃

  • 20.春の雪
    2月の主に近隣で撮った写真。 如月は「着更着」からきているそうな。 そろそろ春の嵐が吹いてくる。

陶芸の会

  • 12.還元焼きの2
    近くの朝日町の会館で、春から秋の間、陶芸の会(朝日土の会)が行なわれている。 講師は、地元で志古呂焼の窯元の伊勢先生。皆さん毎月楽しみにしているよう。
フォト